検索

(量子)アニーリングマシンの産業応用実験に参画

Quemixは、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(以下、MCPC)(会長:安田靖彦)が開始した、(量子)アニーリングマシンを適用し、複数の社会課題解決をテーマとする産業応用実装に向けた実証実験のプロジェクトに参画します。


MCPCは、昨今の量子コンピュータ関連技術の進展を受け、2018 年5月に量子コンピュータ推進WG を発足させました。WG では、コミュニケーションハブとして理論・コンピューティング・応用分野を融合させる取り組みを進めてきました。


その間、アニーリングコンピュータ技術の進化や、それを支える定式化アルゴリズムの蓄積・コンピューティング環境の整備が進んでおり、従来のコンピュータ方式では計算コ ストに難題を抱えていた課題解決へ向けて、適用効果が見込めるソリューション実装の兆しが見えています。今般、このタイミングを逃すこと無くプロジェクトを立ち上げ、実用効果指標となる社会課題テーマを選定し、有効性仮説の実験成果を社会へ還元することを目的とした実証実験を開始するに至りました。


本プロジェクトに関する詳細は、MCPCのプレスリリースをご参照ください。

http://www.mcpc-jp.org/press/pdf/press_20190919.pdf


356回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社Quemix、3億円の資金調達を実施

株式会社Quemix、3億円の資金調達を実施 -量子コンピューティングの研究開発を加速させ、社会実装に向けて前進- 2020年12月8日 株式会社Quemix(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松下雄一郎/以下Quemix)は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鑓水英樹/以下JIC VGI)が運営する、JICベンチャー・グロース・