一般社団法人量子ICTフォーラムへ加入し、量子研究を加速

この度、Quemixは、最新の研究成果や技術動向に関する情報交換、産学官連携や人材交流、研究開発推進戦略の提言などを行い、量子情報通信技術の健全な発展を支援する「一般社団法人量子ICTフォーラム」に加入いたしました。


同フォーラムは、2001年に発足した「総務省・量子情報通信研究代表者会議」を前身とし、20年にわたり量子技術分野における活動をしてきた団体で、法人・個人あわせ100近い会員を擁する団体です。


量子情報技術は1980年代半ばからその可能性が知られてきたものの、実現が難しくありましたが、2010年代に入り一気に実現可能な技術と認識されるようになり、世界的に期待が高まっています。


この新しい技術を先行して実用化することは産業的優位性を確保するために必要です。また情報通信は社会の運営能力に直結し、暗号は安全保障の要です。同フォーラムでは、量子コンピュータ、量子鍵搬送、量子計測・センシングの3つの技術推進委員会を設置し、高感度・高精度なセンサ、高速なコンピュータ、低遅延で安全性の高い通信などによる、創造性豊かで持続可能な社会の実現を目指しています。


Quemixはこれら委員会での活動を通じて、これからも積極的に量子技術の研究開発を進めオープンイノベーションに貢献して参ります。

NEWS