top of page

arXiv へ「 アニーリングによるグランドカノニカル結晶構造の予測」の論文を投稿しました。


Quemix のYannick Couzinie, 西谷侑将、西紘史、小杉太一、松下雄一郎がarXiv に"Annealing for prediction of grand canonical crystal structures: Efficient implementation of n-body atomic interactions"

(グランドカノニカル結晶構造予測のためのアニーリング: n体原子間相互作用の効率的な実装 )と題する論文を投稿した。http://arxiv.org/abs/2307.03123


本論文では、n体原子間ポテンシャルに基づく結晶構造予測問題の量子アニーラへの実装スキームを提案した。アニーリング手法を用いて、単位胞内の原子配置と最適粒子密度を同時に最適化することが可能であることを示した。

これをグランドカノニカル計算とする。


図1


特に注目すべきこととして、Lennard-Jones固体に対して、前述のグランドカノニカル計算と粒子密度を固定するような制限を加えたミクロカノニカル計算を行った場合、どちらも正しい粒子密度を保つことが示された。加えて、グランドカノニカル計算の方が高速であった。(図1)

さらに、共有結合をモデル化した3体Stillinger-Weberポテンシャルによって支配されるMoS2ユニットセルに対するシミュレーテッドアニーリングによって、基底状態の2H構造が得られ、局所最適配置として1T構造も得られることを示した。また、3体相互作用に対し使用するビットを最大20%削減する効率的な実装ヒューリスティックを示し、D-Waveデバイスへの実装に道を開くことも示した。

Yorumlar


NEWS

bottom of page