Image by NASA

バーチャル材料創製プラットフォーム

大規模材料計算ソフトと優れたUIをクラウドで誰でもお手軽に

元素の組み合わせによる材料の数は無限大。
「Quloud -RSDFT」は、まだ見つけられていない、より高機能な材料を創出し、新材料開発を実現します。
世界的賞を受賞した高度材料計算ソフトRSDFTを比類のないインターフェースで提供します。

↼ SCROLL TO FUTURE

バーチャル材料創製

プラットフォーム

大規模材料計算ソフトと

優れたUIをクラウドで

誰でもお手軽に

元素の組み合わせによる材料の数は無限大。
「Quloud -RSDFT」は、まだ見つけられていない、より高機能な材料を創出し、新材料開発を実現します。

世界的賞を受賞した高度材料計算ソフトRSDFTを比類のないインターフェースで提供します。

ニュース

NEWS

06/01

Quloud-RSDFTをリリース

サイドメニューの「ジョブ管理」で、実行中や計算待ち状態のジョブ一覧がご覧いただけます。また「新規ジョブ作成」ボタンで新しいジョブの作成ができます。ジョブ作成はあくまで作成で、実際にAWSにサブミットして計算を実行するには、ジョブ一覧にある「実行」ボタンを押す必要があります。

 

本家のRSDFTの入力ファイルを

 rsdft.in(計算パラメータファイル)

 rsdft.atom(原子構造のCIFファイル)

という名前で用意し、それらをアップロードすることでジョブを作成する事ができます。

計算を実行するAWSのリソースとして

  EC2(多数CPUコアが利用可能)

  FARGATE(少数コア、高速起動)

が選択できます。

また各ジョブをグループ化したり、検索を容易にするためにタグを付ける事ができます。

ジョブを作成する
プロジェクトを作成する

「プロジェクト管理」で、プロジェクト一覧をご覧いただけます。プロジェクトは、特定の材料や計算設定のジョブを一つにまとめて情報の集約を図ると同時に、別のプロジェクトを作成する際の出発点となるような利用を想定して用意されたものです。例えば、バルク結晶計算のプロジェクトで必要なグリッドの精度を決定したり、格子定数や内部座標の最適化を行い、その結果を用いて、点欠陥のスーパーセルモデルや、表面スラブモデルの計算プロジェクトを作成するのに利用します。あるいは、比較的計算の軽いGGAレベルの理論精度で原子構造の最適化を行うプロジェクトを遂行し、それを引き継いで、全エネルギーや電子状態の計算のみ、高コスト高精度のHybrid汎関数レベルのプロジェクトで実行するというようなシナリオも可能です。

グループにユーザーを追加する

自分の所属するグループに、いつでも新しいメンバーを招待をすることができます。サイドメニューの「招待管理」から、招待したいメンバーのメールアドレスを登録してください。ただし招待メールが送信されるのは、グループオーナーが「招待の承認」を行なった後になります。

 

 

初期登録の時点では、1グループあたりのメンバーの上限人数は5名までですが、追加申請をいただく事で、いつでも上限人数を増やす事が可能です。

世界的な賞を受賞した

高度材料計算ソフトRSDFTがSaaSへ進化

FEATURES

01

京コンピュータを用いた超並列計算で2011年にACM Gordon Bell Prizeを受賞した第一原理材料シミュレーションソフトウェアRSDFTがクラウドでご利用いただけます

02

これまでにない大規模な材料シミュレーションをAWSのハイパフォーマンスコンピューティング上で可能にします

03

最新の高精度材料シミュレーションを提供いたします

計算に必要なものはたったWebブラウザのみ

01

ウェブブラウザをご用意いただくだけで実行できます

02

並列計算機の用意や複雑なクラウドの設定なども必要ありません

03

直感的な操作で計算初心者の方でも気軽に材料シミュレーションを始めていただけます

04

計算インプットファイル作成が手軽に行えるようになります

05

計算をご専門とする方には作業の効率化をご提供します

洗練されたUI

EASINESS

バルク結晶の構造から、空孔や置換のスーパーセルモデルを容易に作成できます

01

計算結果をインタラクティブなグラフとして表示し、解析をサポートします

02

作成した入力や計算結果はグループ内で容易に共有することが可能です

03

​計算機能

FUNCTIONS

全エネルギー,原子構造最適化,電子バンド構造,電子状態密度,点欠陥計算, 第一原理分子動力学,化学反応障壁,(随時追加予定)

​量子の世界をあなたの手に

QUANTUM

COMING SOON
point 01

Quemixオリジナルな非変分量子アルゴリズム「虚時間発展法」 を組み込んだ材料計算ソフトウェアの提供を予定

POINT 02

量子エンジンを備えた革新の進化へ

POINT 03

DFT(密度汎関数理論)と同程度の計算コストでDFTを超えた精度を

受賞

Prize

SC11

International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis(国際会議)

For More Information ⇀

SC11 AWARD

International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis(国際会議)

For More Information ⇀

RIKEN

京速コンピュータ「京」による成果がゴードン・ベル賞を受賞

For More Information ⇀

Image by NASA

まずはお気軽にお問い合わせください。

デモ版と正式版を公開します
デモ版は期間限定で無料(2,000円分ポイント付)でご利用いただけます

最先端技術

Technologies

RSDFTでは物質が存在する空間を離散化して数値計算を行います。

また空間を複数の領域に分割することで並列計算を実現します。

実空間(Real Space)での領域分割は、従来の計算法が採用するフーリエ空間での領域分割に比べて領域間通信のコストを大幅に削減する事ができ、数万CPUという大規模並列計算をも可能にします。

論文発表

PAPERS

Computational study of oxygen stability in vicinal m (10− 10)-GaN growth by MOVPE, F. Shintaku, et al., Appl. Phys. Express 13, 055507 (2020).

First-principles calculations of the non-equilibrium polarization in ultra-small Si nanowire devices, M. Gena, et al., SISPAD, IEEE, 349 (2017).

Performance evaluation of ultra-large-scale first-principles electronic structure calculation code on the K computer, Y. Hasegawa, et al., Int J. High-Performance Comp. App. 28, 335 (2014).

A massively-parallel electronic-structure calculations based on real-space density functional theory, J.-I. Iwata, et al., J. Comp. Phys. 229, 2339 (2010).