top of page
Quemix Logo

量子力学の原理を利用してさまざまな物理量を高精度に計測できる「量子センサ」は原子や分子レベルの小さな物体の挙動を観測することで、現状のセンサでは計測できなかった微弱な信号や生体内の活動などを調べられる。ダイヤモンドNVセンタは磁場、電気、温度、ひずみに対して反応を示すため、室温で動作する高感度な量子センサとなります。量子コンピュータにとっては、環境からの影響は“ノイズ”と呼ばれ、徹底的に排除されますが、量子センサにとっての環境からの影響はむしろ“観測の対象”であり、積極的に影響を受けるように作成されます。

 

量子センサの特長として、以下の点が挙げられます。

1. 高感度・・・磁場や温度などを非常に高い感度で測定可能

2. 室温での動作・・・他の量子デバイスとは異なり室温で動作し、極低温での冷却が不要

3. 広いダイナミックレンジ・・・測定できる信号の最小値から最大値までの幅が広い

量子センサとは

​量子科学技術研究開発機構とは

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産業化を目指したデバイス応用まで視野に入れた研究を行っています。スピンやフォトンといった量子を巧みに操り、さらにそれらの相互作用を活用することで、世界を先導するユニークな研究を実施するとともに、量子科学を広く使える真の技術とするために、産学官の連携拠点のハブとしての役割を担っていきます。

​国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
量子機能創製研究センター
センター長 大島 武様

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産業化を目指したデバイス応用まで視野に入れた研究を行っています。スピンやフォトンといった量子を巧みに操り、さらにそれらの相互作用を活用することで、世界を先導するユニークな研究を実施するとともに、量子科学を広く使える真の技術とするために、産学官の連携拠点のハブとしての役割を担っていきます。

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産業化を目指したデバイス応用まで視野に入れた研究を行っています。スピンやフォトンといった量子を巧みに操り、さらにそれらの相互作用を活用することで、世界を先導するユニークな研究を実施するとともに、量子科学を広く使える真の技術とするために、産学官の連携拠点のハブとしての役割を担っていきます。

量子センサの可能性とは

INTERVIEW

​国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
量子材料理論プロジェクト プロジェクトチーフ
​松下 雄一郎

 

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産業化を目指したデバイス応用まで視野に入れた研究を行っています。スピンやフォトンといった量子を巧みに操り、さらにそれらの相互作用を活用することで、世界を先導するユニークな研究を実施するとともに、量子科学を広く使える真の技術とするために、産学官の連携拠点のハブとしての役割を担っていきます。

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産業化を目指したデバイス応用まで視野に入れた研究を行っています。スピンやフォトンといった量子を巧みに操り、さらにそれらの相互作用を活用することで、世界を先導するユニークな研究を実施するとともに、量子科学を広く使える真の技術とするために、産学官の連携拠点のハブとしての役割を担っていきます。

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産業化を目指したデバイス応用まで視野に入れた研究を行っています。スピンやフォトンといった量子を巧みに操り、さらにそれらの相互作用を活用することで、世界を先導するユニークな研究を実施するとともに、量子科学を広く使える真の技術とするために、産学官の連携拠点のハブとしての役割を担っていきます。

​量子センサの活用方法とは

量子科学技術研究開発機構(QST)では、国の量子技術イノベーション拠点の1つである「量子技術基盤拠点」として、高度な量子機能を発揮する量子マテリアルの開発・供給や、量子マテリアルやこれを活用した量子技術を産業界が利用・試験・評価できる環境の整備・提供や産業界に対して量子マテリアル・量子センシングなどの利用や技術支援を行うとともに、量子ビーム技術や光科学技術を駆使しながら、量子状態の高度な観測、制御等を実現する技術・デバイスの開発など、量子技術の基盤をなす研究開発や産業支援を推進しています。私たち量子機能創製研究センターは、量子技術基盤拠点の中核として、量子材料・量子機能の創製といった基礎・基盤から、量子技術の実用化・産業化を目指したデバイス応用まで視野に入れた研究を行っています。スピンやフォトンといった量子を巧みに操り、さらにそれらの相互作用を活用することで、世界を先導するユニークな研究を実施するとともに、量子科学を広く使える真の技術とするために、産学官の連携拠点のハブとしての役割を担っていきます。

bottom of page