弊社社長の松下雄一郎がQST 量子材料理論プロジェクトチーフに就任

 2022年4月1日付で弊社社長の松下雄一郎が国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構(QST) 量子機能創製研究センターにおいて、量子材料理論プロジェクトチーフに就任致しました。これはQSTが、目指すべき未来社会の姿「Society5.0」を目指し、量子機能に関する研究開発及び量子技術の社会実装を強力に推進するため、同日付で量子ビーム科学部門高崎量子応用研究所に量子機能創製研究センター(センター長:大島 武)がを新たに設置したことに伴うものです。

 社会の発展を支えるためには、増加の一途を辿るデータ量・通信量に対し、高速・安全かつ低消費電力でデータの処理を行うことが求められます。そのためには、これまでとは異なる概念に基づく新しい材料を開発することが必要であり、その中心となるのが量子技術です。

量子センシングプロジェクトやスピンフォトニクスプロジェクトなど同時に設置された6つのプロジェクトとも連携を図り、これまで弊社で開発を進めてきた技術の提供と実証を進めていきます。同センターへの貢献を通じ、量子科学による産業競争力の強化や社会課題解決を目指して参ります。


QSTプレスリリース:https://www.qst.go.jp/site/press/20220401-1.html







NEWS