top of page

arXivへ「多電子系の基底状態と最適な原子核配置のための第一量子化された断熱的な時間発展」の論文を投稿しました。



Quemixの西谷侑将、西紘史、Yannick Couzinié、小杉太一、松下雄一郎が

arXivに”First-quantized adiabatic time evolution for the ground state of a many-electron system and the optimal nuclear structure” (多電子系の基底状態と最適な原子核配置のための第一量子化された断熱的な時間発展)と題する論文を投稿しました。


概要:本研究で、我々は初めて、第一量子化された多電子系ハミルトニアンの断熱的な実時間発展を利用した基底状態計算のための量子回路と、その適切な入力状態の構成方法を提案した。

さらに、複数の原子核配置を量子的な重ね合わせ状態として取り扱うことで、その中で最も安定な配置を見つけ出す手法へと拡張した。

この回路はユニタリ演算のみで構成されているという点で、我々がこれまで提案してきた確率的虚時間発展法(PITE®️)などの、非ユニタリ演算を補助ビットを用いて実現する手法とは、大きく異なっている。


Opmerkingen


NEWS

bottom of page